• ホーム
  • 男性型脱毛症の相談はまず病院にしましょう

男性型脱毛症の相談はまず病院にしましょう

鏡を見て髪を梳かす男性

世の中には薄毛に悩んでいる人が数多く存在します。
多くの男性が何らかの理由で抜け毛や薄毛で自分の外見の自信を喪失し、なおかつ他人に対して積極的になれなかったり、鏡の中の自分の姿にストレスを増大させることもしばしばです。
これらの原因としては様々なものが考えられますが、中でも大きな注目を集めているのが男性型脱毛症と呼ばれる病気です。
これは別名AGAとも呼ばれ、男性ホルモンが関係して引き起こす薄毛症状です。

男性型脱毛症が引き起こされる仕組みを詳しく紐解くと、まずは精巣で分泌されるテストステロンと、頭皮付近に存在する5αリダクターゼという酵素の存在が重要となります。
これらが互いに反応し合いDHTという特殊な物質を作り出し、頭髪の根本にある毛乳頭がこのDHTを感知すると、それが健康的な頭髪であったとしてもすぐに成長サイクルが乱れ、毛乳頭が栄養分の吸収をストップさせてしまいます。
こうして栄養が行き渡らなくなって毛髪はすぐに抜け落ちていってしまうのです。

ただし、男性型脱毛症は然るべき病院での治療を行うことで改善することが可能です。
身近な内科や皮膚科、外科、美容クリニックなどの病院機関で男性型脱毛症の治療を受けることができます。
これらではまずフィナステリドという成分を含んだプロペシアなどの飲み薬を使って5αリダクターゼの2型を抑制してDHTの生成を抑えます。
こうして頭髪の成長サイクルを正常化させていくことで、男性型脱毛症を改善できるのです。

また、一般的な病院とは別に薄毛治療を専門とする医療機関も存在しており、これらを受診すると上記の飲み薬による治療法とは別に、成長因子や栄養分を混ぜ合わせた成分を頭皮に注射したり、さらには自毛や人工毛を植毛して定着させることで薄毛を改善させるという手法も提供しているので、まずは気軽に医師に相談してみると良いでしょう。