男性型脱毛症になる年齢

はげ始める男性

男性型脱毛症は、くわしい原因は解明されていないながらも、男性ホルモンが変化してできるDHTとよばれる物質によってひきおこされるといわれている、進行性の脱毛症の一種です。
この男性型脱毛症は、基本的に思春期以降に発症するとされており、早い人ではすでに20歳代の前半ぐらいから、髪の毛の生え際にあたる部分からだんだんと髪の毛が抜け始めて、ちょうどアルファベットのMの字のように薄くなってしまうという症状が特徴です。
しかし、20歳代というのは、脱毛の年齢としてはかなり早い部類ですので、同じ男性型脱毛症のなかでも、特に若年性脱毛症と呼んで区別することにしています。
男性型脱毛症を発症する年齢としてむしろ多いのは、30歳代後半から40歳代といった、いわゆる中年にさしかかるころの年代であるといえます。
この年代になると、仕事などもひととおりこなし、結婚して子育てをするなど、生活面でエネルギッシュに活動するようになりますが、実は男性型脱毛症のリスク要因である男性ホルモンの分泌量も同時に増える年代といえます。
このようなことから、中年以降の男性については、これまで脱毛の症状がまったくなかったからといって油断はできず、適切なケアに努めなければならないのです。
もしも男性型脱毛症の兆候がみられるようになった場合ですが、現在では医薬品の投与によって、脱毛の症状を抑えるとともに、発毛を促進するというのがセオリーになっています。
より具体的には、DHTのはたらきを阻害する効果があるフィナステリドや、頭皮の血行をさかんにして髪の毛のための栄養が適切に送り届けられるようにする効果があるミノキシジルといったものが主に用いられます。